• 大多喜眼科

涙目治療始まりました

涙道内視鏡という1ミリ位の細いカメラを使って、目頭にある穴(涙点)から入れて鼻にある涙の出口まで観察しながら広げます。広げた後に、涙管チューブを2ヶ月くらい入れて中を広げておきます。「痛くなくてよかった」というお言葉をいただきほっとしました。涙でお困りの方は是非ご相談ください。


⬆ペンみたいに持ってる黒い物が内視鏡です。食塩水を通しながら中をみます。

⬇モニターでは、鼻の中からちゃんと出てきた涙管チューブも確認できます。青と透明な先が見えますか?鼻の外からは見えないのでご安心を!


89回の閲覧
 

0470-64-6246

日本、〒298-0215 千葉県夷隅郡大多喜町久保166

  • Facebook

©2019 by 大多喜眼科